新型インフルエンザ対策

世界初・光触媒でウイルスを分解する新型マスク
アースプラス・マスクのご案内

大流行<パンデミック>が必至な新型インフルエンザ、いかに予防するか

ワクチンが不足し、ウイルスが変異すれば無効化されるという実情では、ウイルスの体内侵入を防ぐ「自己防衛」が不可欠となっています。

インフルエンザの感染経路の95%は口・鼻からの感染です。手から手に移る接触感染、せきやくしゃみ等によるつばの飛散による飛沫感染があり、うがいや手洗いの励行とともに、口や鼻への飛沫感染を防ぐマスクは、必須の予防アイテムと言えます。

新素材・アースプラスは雑菌・ウイルス・カビ・臭いのもとになるたんぱく質を積極的に取り込み、分解します。

マスクは”気休め”?

しかしながら、現在、数多く使用されているフィルタリングタイプでも、ウイルスの侵入を100%防ぐことはできず、ウイルスがマスクの表面に付着したまま残存することを考えれば、不安が残ると言わざるを得ません。

そのため、完全ではない効果を知りつつ確保に狂奔する様子を冷ややかに、「気休め」だと切り捨てる傾向になってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

医師も絶賛する予防マスク

ところで最近、マスクも進化して殺菌効果の高い製品が出回るようになっているのをご存じでしょうか。

「アースプラス・マスク」はウイルスや花粉、臭いの元になるタンパク質を吸着させ、無害な水と二酸化炭素に分解する新素材・アースプラスをフィルターとして採用。

常にウイルスと接触している医療現場でも、スタッフの感染防止用マスクとして積極的に採用されています。

[アースプラス]
驚異的な殺菌力で速やかにウイルスを分解します。

アースプラス・マスクが医療現場で採用される理由

従来の抗菌、抗ウイルスマスクの弱点は以下の2点です。

(1)微小サイズの細菌やウイルスはすり抜けてしまう

既製のマスクがブロックできるものは4~5ミクロンまでのサイズが大半です。
細菌は1~10ミクロン、ウイルスが0.1ミクロンの大きさですので、透過を完全に予防することはできません。

(2)マスクの表面にウイルスがついたままで、減殺されるわけではない

あくまで侵入や拡散を防ぐだけで、ウイルスが無くなるわけではありません。
むしろマスクに付着したままであるということは、マスクが温床となり他の場所でウイルスを撒き散らす可能性があります。

「アースプラス・マスク」はアースプラスを使ったセラミックフィルターを使用し、(1)(2)の問題を解決します。

0.1ミクロン前後のウイルスも捕集、吸着・固定させ、タンパク質を水と二酸化炭素に分解する新素材アースプラスフィルターの効果で無害化します。

侵入を防ぐだけでなく、感染者のせきやくしゃみ、吐く息もマスクのフィルターを通すので、感染拡大を防止することにもなります。

新素材アースプラスをフィルターとして採用している製品は、空気清浄機や病室の病床仕切り用のカーテン、航空機の座席、靴の内面革など、抗菌・消臭を重視する各所で既に使われています。

これをマスクに応用した「アースプラス・マスク」も、医療機関や学校、企業事務所、工場などで積極的に採用されるようになっています。

★アースプラスマスク製品仕様★
 (製造/株式会社信州セラミックス)
●構造
4層構造 3段プリーツ ノーズ固定式
耳掛けタイプ(ソフト丸ゴム)
●サイズ 
標準(Lサイズ):175×95mm(50枚入り)
●素材
ポリプロピレン、ポリエステル、アースプラス
※インフルエンザ対策だけでなく、ノロウイルスや花粉症対策にも有効です。

【お申込み】
★50枚1セット(1箱) 使捨タイプ
Mサイズ・Lサイズ
特別価格 5,250円
(消費税込、送料別途)
※2000枚(40セット)単位でお申込下さい。
※注文多数や売り切れの場合、納期が遅れることがあります。

【お申込み方法】
下記よりPDFシートをダウンロードして頂き,
申込書欄に必要事項を記入の上、FAXにてお送りください。

アースプラスマスク お申込みFAXシート